September 27, 2009

トーマス電車

京阪にトーマスラッピング電車が走っているので、連れて行ってあげないと・・・と思いながら二ヶ月経過。

八月は自分の体調が不安で、一人で息子を連れて外出する気になれなかった。

九月はリハビリの筋トレにハマってしまい、ついつい行く日を先延ばしにしてしまった。

というわけで、本日決行。

淀屋橋を九時半過ぎに出る電車をギリギリ逃してしまったので、九時半に家を出て阪神百貨店のイタリア市場に立ち寄り、ワインの試飲をして少し酔っ払い(笑)、気分はイタリアンだったのでヨドバシ8階のカプリチョーザでカルボナーラを堪能し、目指すは淀屋橋13:04発のトーマス電車。

30分前に駅に着いたので、次々やってくる電車を見ては「これ乗る~~~」と早まろうとする息子。「トーマスの電車が来るから」と何度も説得し、半信半疑な顔をされながらひたすら待機。

そしてやってきたトーマス電車。

F1000520 これ誰?(笑)

F1000521 ジェームス

中は・・・

F1000522 F1000519 こんな感じ

途中の京橋で、この電車に乗りたいと発狂してる男の子が引きずられるように反対方面行きの電車に連れ込まれてたりと、子供にはかなりウケる様子。

もちろん息子も大興奮。

寝る直前まで「トーマスの電車乗った~」と語っていた。

私は・・・久々の疲労からくる胃痛に見舞われた(食べたら治ったけど)

| | Comments (6)

September 24, 2009

連休の出来事

盆休み、ドクターストップがかかり帰省できなかったので、今回の連休を利用して愛媛に帰ることに。

「高速1000円、地獄への落とし穴」にハマったゴールデンウィークの恐怖もあり、今回は往復フェリー利用で18日夜に出発ship

前までは六甲アイランドから出航してたのに、高速代が安くなり客をとられた影響なのか大阪南港からしか船が出なくなってしまった。

南港からは初めてなので早めに出発し、ナビの言うとおりに素直に道を進む旦那・・・が途中からブツブツ文句を言い始める。どうやら思ってた道と違う案内をされたらしく、有料道路に連れて行かれる。これが相当気に入らなかったのか、「余分な金払わされた!」とご立腹。

ええやん、200円くらいでそないに全力で怒らんでも・・・

不機嫌な父とは対照的にご機嫌な息子。

港に大量の貨車を見つけて「あ、いじ貨車(いじわる貨車byトーマス)や~~~」とテンション上がりまくりup

フェリーの部屋からは、外を眺めて洋上を楽しんだ後、就寝sleepy

翌朝、無事に松山着。

実家に帰る途中で、いつものまことやに立ち寄りパンを大量購入。今回はマドレーヌをおまけしてくれた。

この日は買い物に出かけただけで、旅の疲れもあったので早めに就寝。

20日、姪の子の運動会を見に行った。

二歳児は全く興味を示さず、マイペースに遊ぶ・・・

F1000532 兄の運動会に興味ない二歳児と共に

カエルを見つけて、代わる代わる棒でつついては叫んでた二人+もう一人。

おかげでカエルは弱ってしまいフラフラに。解放されるとさっさと逃げて行った。

私はなるべく木陰で見てたものの、しっかり日焼けしてしまい、後がこわいshock

21日、特に予定もなく午前中に公園へ。

バッタとてんとう虫がいたので捕まえて遊ぶ・・・がこわくて触れないビビリ息子。

F1000529 ブランコはやっと乗れるようになりました。

午後から昼寝・・・と思ってたら、姪の子(小2)登場でストーカーのようにつきまとう。でも同じ歳の弟がいるだけあって、扱いが上手。二歳児の機嫌を損ねることなく、自分の邪魔をしないように手なずけている。これには拍手(笑)

そしてそろそろ昼寝・・・と思った頃に、次は義兄と甥(中2)が登場。

この二人は全力で遊んでくれるので、またテンションUPupup

汗だくフラフラになり、シャワーを浴びて、早めの夕飯を済ませて帰路へ・・・

帰りの船室は、超豪華!特別室shine

F1000527 広すぎて落ちつかな~いsweat01

寝心地良いベッドで休めて快適heart

22日の早朝に無事帰宅しました。

| | Comments (3)

May 09, 2009

近況報告など・・・

4月上旬に仕事で腰を痛めてからパソコンとじっくり向き合うことができずに、放置されてた日記も久々に更新pc

私の近況報告

とうとう体も限界まできたと判断し、ヘルニアの手術を受けることにしました。予定は7月7日。さ~さ~の~は~さ~らさら~noteと歌いながら手術室に行ってきます。入院は10日間の予定。退院後は2~3か月は仕事復帰できないので、長い夏休みゲットgood(重労働なので、これくらい休まないといけないらしい。ちなみにデスクワークの人は一ヶ月で仕事復帰可能とのこと。皆さん、今後の参考に是非どうぞ。←いらんって?)

毎日自宅マンション到着後に、公園やら電車見学ツアーやらに連れ出されそうになりながらも、何とか乗り切り家の中にたどり着く日々。それでも昨日は最寄り駅改札内に突入寸前まで連れて行かれ、駅前でチラシ配りをしていた美容師さん(いつもシャンプーしてもらってるお姉さん)に救助してもらう始末。なので今日、父に連れられ尼崎駅の車庫を眺めに行ってきたらしい。近々、本当に乗車させられそうでコワイ・・・sweat02

息子の近況報告

二歳四ヶ月を過ぎて、やっと色々喋り始めました。今は「お父さんブーム」らしく、風呂に入りながら「おとうさん、まだか?」を連呼。帰ってきてないと、寝るまで言い続ける始末。

好きなものは、相変わらずトーマス。

F1000480 「みんな、じょーず」な状態らしい。見事な陳列。

保育園の先生も、わざと「パーシーが・・・」と小声で言って息子が「何?何?」って顔で走ってくるのを楽しんでるそう。

連休、義父の法事に出席した際も、お経本をみて「ぴーちゅ(トーマス)、パーシー、ゴードン、エンリー(ヘンリー)・・・」とオリジナル読経を開始。笑いが止まらんっちゅーに。

母の日、初めてのプレゼント

一昨日、保育園の先生から受け取った母の日のプレゼント

F1000481 

手形は産まれた時に張り切って取ったきりだったので感動shine母の日とか父の日に無関心な旦那も、「父の日も何かくれるんかなぁ?」と期待しているみたいsmile

元気に生まれてきてくれたこと、健康に育ってくれていることに改めて感謝した瞬間でした。

太郎のバカ!

連休はそういうわけで(法事で)旦那の実家に帰省してた我が家。高速1000円の影響で、どエライ目に遭いました。

三日の9時に出発し、銀ちゃんとパンちゃんを病院に預けて、9時半に高速突入rvcar。いきなり渋滞・・・ 6時起きで準備してた私は途中撃沈し、目が覚めた時はまだJR神戸駅近く。時計は11時を過ぎており、結局淡路島に辿り着いたのが14時。ありえへんannoy

そこからは何とか順調に走って、実家に着いたのは18時半。疲労を通り越して、過労になってました。

五日、朝に実家を出発予定だったけど、渋滞予想のピークを避けるために夕方出発、夜中到着に変更。それでも「この先、淡路サービスエリア先頭に約70キロの渋滞です」というハイウェイラジオの声を聞き、身の毛のよだつ恐怖を覚えた私。淡路島の宿を必死こいて調べ、結局、ピークは過ぎてて何とか帰れたけれど、それでも7時間半かかった・・・

今度はフェリーshipで帰ります。片道五万かかっても、こんな思いするよりマシ!

| | Comments (10)

October 14, 2008

思い出作り

先日、若干の勢いで購入してしまった新車の納車日が18日に決定。

なので思い出満載の今の車との思い出作りに出かけてきた。出不精な私と旦那が休日にこれほど出歩くのは珍しい(笑)

日曜日、六甲山牧場へ

お弁当を持って昼頃到着。最初、寝起きでテンション低いのかと思われたぼっちゃま、空腹で力がでなかったようで、食べたらパワーアップ

爆笑しながら走りまわる・・・

Hiromichi_20081012_99

羊をバシバシ叩きまくり

Hiromichi_20081012_8rev01

記念撮影

Hiromichi_20081012_2rev01

月曜日、ブルメールHAT神戸で買い物

ここで買うものといえば、オムツ!コレは外せない(笑)

でも関西スーパー内のタイヤキ、これはもっと外せない。

一個50円であずきとカスタードの二種。いつも行列で買うのに時間がかかるけど、ここだけは旦那も並ぶ。

皆さんも是非お試しあれ。

ところで、年に数回しか行かないここに、カプリチョーザが出店してることに気付いた私(遅い?)

学生の時、各部署毎の実習が終わる度に実習グループ皆(9人)で食べにいった。○○(学生イビリ常習ナース)ムカツク!とか文句言いながらウサ晴らし。

そんなステキな思い出いっぱいのカプリチョーザに、麺を食わせりゃ(多分)日本一の一歳児のコノ人を連れて行きたくて・・・・

F10003512

あのビッグサイズ、家族三人で何皿必要になるんやろうか・・・

| | Comments (10)

August 30, 2008

夏の帰省・第二弾、結婚式当日編

朝、汗ボトボトでお目覚めのぼっちゃま。
37.6度まで熱は下がっていた。
このまま落ち着いてくれたらいいけど・・・

起きてすぐ大人は朝風呂へ。せっかくの温泉宿、入らなければもったいない。

朝食を済ませて、チェックアウト時間まで部屋でのんびりする。
つもりが、のんびりしている親に向かって、顔面平手打ちや馬乗りを仕掛けてくる発熱一歳児。
少しは安静にしてくれ~~~!!!annoy

そしてタクシーで式場へ向かう。
道中、眠りそうで眠れなかったぼっちゃま。
なんかイヤな予感はしていた。

11時からチャペルで結婚式。
この頃から、再び熱が上がりだした。
ぐずったり、健気に拍手したりしながら耐えて、

F1000332バルーンなんとかってのも一緒に






F10003312席についてパチリcamera
高熱とは思えない笑顔・・・





披露宴、耐え切れるか不安だったけど、食事が出てきたらニコニコ。
高熱と眠気と空腹で、我慢の限界だった模様。
それでもいつもの半分程の量しか食べずに、父に抱っこを要求。
とりあえず「出番」までひと眠りさせようと、会場の外で寝かしつけを頑張ってみるものの、大音響ですぐに起きてしまう。
何度も失敗して、やっと寝たぼっちゃまを別室へ連れて行き、ここで旦那と交代し私が付き添う。

小一時間ほど寝た後に目を覚ますものの、寝足りずにグズグズモード。
相変わらず熱も38.8度と高いので、遂に坐薬登場。
もう少し早いタイミングで使ってあげたらよかったと思いつつ、上がったり下がったりの熱なので仕方ないと自分に言い聞かせる。

そして「出番」がやってきて、披露宴会場へ戻る。
事前に「花束が大きいのでお母さんも一緒に行ってください」と言われていたので、抱っこのままで渡しに行くことに。
ちなみに、ぼっちゃまの相方も、満腹になり眠気全開なのか、ぐずり暴れまくっていた。
その13キロの相方を抱っこしている母親(臨月間近の姪)、尊敬します・・・
ぼっちゃまはお父さん抱っこがよかったらしく、旦那と共に花束贈呈。

F10003292






F1000328_2presentプレゼントを頂きました
なのに不機嫌顔sweat01





まぁ何とか無事に大役(?)を果たせてよかった。
ビデオ撮ろうと思ってたけど、料理をほとんど食べてなかった私の席には、メインの肉料理ほか、お皿がズラリ。
それを見ると、撮影を忘れてた(笑)
ぼっちゃまの体調が心配で食欲があまりなかったので、食べやすそうなものだけ食べて、退席することに。
あ~勿体ない!!でも仕方ないdespair

終わってすぐに着替えて、親戚への挨拶もそこそこにタクシーに乗り込み松山駅へdash
ここから特急、新幹線、地下鉄、皆様の足・阪神電車を乗り継ぎ家へ向かう、およそ五時間の旅。
15時半の特急に乗り込んだ頃に熱も下がりきったのか、ぼっちゃま寝始める。
これで私達も安心し、家族全員で爆睡sleepy
でも困ったことに、安心ついでに空腹に襲われる私。
やっぱり料理、食べときゃよかった(笑)

しっかり眠れて調子が良くなったのか、岡山駅では久しぶりに歩きたがり、父に向かって突進。
ここから初・新幹線に乗車。
少しでも早く帰りたかったので、グリ~ン車に。
(岡山までの特急は延着が日常らしいので、新幹線の指定を取ってなかったため)

初めてグリーン乗車の親二人なのに、初新幹線でグリーンな一歳児

Hiromichi_20080824





それにしても、岡山から新神戸、早すぎるっ
弁当食べて、ほっと一息ついたら

「まもなく新神戸~」ってcoldsweats02

ゴージャズグリーン車を楽しむ余裕がなかったわ。

ぼっちゃまは新神戸で、乗っていた新幹線が走り去るのを見て「うわぁ~~」と感動していたけど。

そして電車を乗り継いで、やっと、やっと帰宅。
時計を見ると21時前。

疲れた~~~~~wobbly

| | Comments (7)

August 29, 2008

夏の帰省・第二弾、結婚式前日編

姪の結婚式に出席するため、松山へ。

式当日に出発するのでは間に合わないので前日に松山入りして、道後温泉などなどちょっと観光もしてみよう!と張り切っていた。
松山は何度も来てるのに、観光したことがなかった私。
ちょっとした旅行気分だった。

が、出発当日の朝、ぼっちゃままさかの発熱!!shock
体が熱いので測ってみたら、38.0度。
なんで?なんで??なんで???

行くのを止めようか、連れて行ってみようか、悩む私の前を、「まんま~まんま~ギャハハハッ!」と爆笑しながら走りまわる一歳児。
なので、連れて行ってみることにした。保険証・体温計・坐薬の3点セット持参で。

乗り物利用満載の今回の旅。

まずは空港リムジンバス。反応はイマイチ。
そして二ヶ月ぶりの飛行機。これは大喜び。

F1000333でも空港で測った熱は38.6度。
私のテンションは下がる・・・




飛行機の発着が遅れていたこの日、松山に着いたのが13時前。
そこからバスに乗り市内へ。

一番楽しみにしていたと行っても過言ではない、某寿司店へ。
実に五年ぶり、何を食べようかな~~~と店に着くと

「本日はお昼の営業をお休みさせて頂きます」

なんじゃそらーーーcrying

仕方ないので、こちらも五年ぶり、自分達が結婚式を挙げたホテル内の和食店へ。
店に入るなりパチン!と手を合わせて「いただきますポーズ」のぼっちゃま。熱があっても腹は減るらしい。

昼食を食べていると激しい雨が降りだしたため、タクシーで旅館へ。
ここで義母と合流。
荷物から解放され、ひと休み。
ぼっちゃまの熱も37.0度まで下がっていた。

しばらくすると雨も止んだので、少しだけ路面電車に乗車。
嬉しそうにガタンゴトンと体を縦ノリさせていた。
そして道後温泉本館にちょこっと入浴。
でも男湯は熱すぎて、ぼっちゃまは湯に浸かれなかったらしい。
なので夕食後にホテルの露天風呂でもう一度入りなおし。
といっても長風呂はできないので、さっさと退散。
いつも通り、21時頃にお休みされました。

が、

夜中の0時、突然のギャン泣き。
狂ったように泣き叫ぶ。明らかに熱が上がっている。
ここで連れて来なければよかったと後悔。
それよりも、どこか痛くて泣いてるんじゃないか?と思うほどの叫びっぷり。
急病の時はフロントに言えば病院に連絡とってくれるって書いてたなぁと思いつつ、様子をみること30分。
泣きの勢いが弱まってきた。どうも疲れてきた感じ。
慣れない環境と夢でも見たのか、好きな音楽を聴かせたらすぐに泣き止み落ち着いた。
結局、一時間ほどで再び就寝。
この時、38.8度。
どうなる、明日の結婚式・・・

Hiromichi_20080823bocchanressha1rev坊ちゃん列車と記念撮影

| | Comments (9)

August 18, 2008

夏の帰省・第一弾

私とぼっちゃまの体調も何とか落ち着き、帰省することができた。

13日夜のフェリーで愛媛に向かう。
フェリー、エアコン効きすぎで寒いっっ
いつもと違う雰囲気にビビってしまったぼっちゃまは、なかなか眠りにつけず寝かしつけに苦労した。
フェリーは初めてじゃないのになぁ・・・

F1000324朝、部屋の窓から海を眺めてご満悦









14日の朝に旦那実家に到着。
睡眠3時間の私は、眠くて何もする気になれず、一日ボーっと過ごした。

初海水浴、断念

帰省直前に高熱を出してしまったため、ぼっちゃま初海水浴は断念。来年に延期。
でも波打ち際まで行き、海と戯れてきた。
波にビビって尻もちついて、泥だらけに。

Hiromichi_20080814左上でだるそうに座ってるのは私(笑)





だんごテロ

15日に送り火を焚くにあたり、送り団子を作った。
多めに作って、おやつに食べさせたら大喜び。
この日の夕食時に食卓に一緒に出していたため、だんごテロ勃発。
義姉一家と一緒に「いただきま~す」と食事を食べさせようとしても、「まんま~!まんま~!!(だんご食わせろ!!)」と泣き叫ぶばかり(涙なし)
子供たちは皆、モリモリ食べてるのに、ぼっちゃまだけがわめいている。
どう頑張っても御飯を食べそうにないので、仕方なくこの日の夕食はだんごに。
今後、このようなことがあっては困るので、だんごはしばらく見せないでおこう。


まことやのパンにハマる

以前、食わず嫌いで友近が紹介した「まことや」のパン。
今回も三日連続買いに通った。
初日、クリームパン(一番手前)、クリーム金時パン(真ん中左)、焼きカレーパン(真ん中右)を買い、お店のご主人に「(幻の)クッキーパンを食べたい」と訴えたところ、代わりにと食パン(一番奥)を頂いた。
次に帰省したときには、クッキーパンが食べられるかも♪

Makotoya_20080814ぼっちゃま、このクリーム金時パンをほぼ一人でたいらげた。
相当お気に召したらしい。




ペンギンとお散歩

16日、家でゴロゴロしてるのも退屈だろうということで、水族館へ行った。
暑い屋外では全く歩こうとしないぼっちゃま、この「おさかな館」に入ると暴走。
キャーキャー言いながら走り回る。
そしてペンギンに釘付け。
14時前に入館したので、14時半からのペンギンのお散歩を見ることができた。
そしてペンギンを追いかけようとして係の人に止められた。
それでも聞かないので、父抱っこのもと後を着いて一緒に散歩。
間近で見ることができて本当によかった。

この日の昼食は、宇和島の真珠会館で鯛めし

Hiromichi_20080816uwajimataimeshi鯛めしの向こうでうどんをすする一歳児が・・・





ガソリン価格高騰・万歳?

17日の10時に自宅へ向けて出発。
帰りは船のチケットが取れなかったのと、往復船にすると財布が暴発してしまうので車で帰ることに。
ちなみに、船は個室なので片道5万円ほど・・・高すぎます(涙)
盆休み最終日、渋滞覚悟の長距離ドライブ。
途中、昼食休憩一時間、気分転換15分、と二回の休憩をとり、家に着いたのが15時半!
もしかしたら最速記録かも。
四国で全く渋滞がなかったのと、神戸でいつも混むところが1キロほどの渋滞で済んだ。
GWの帰りはギャン泣きだったぼっちゃまも、今回はしょうこお姉さんの歌声を聞きながらご機嫌。
(CD持って行くのを忘れたGWが悔やまれる・・・)


体調不良の連鎖は続く

帰省前に母子で撃沈してた我が家、この連休に旦那が発熱。
水族館から帰ってすぐに「しんどいから休ませて」と言う旦那。
38度まで熱が出て、帰宅前日に大ピンチ。
熱が下がらなければ私が運転しないと!とちょっと張り切ってみると、「それは熱も下がるわ」と言われた。
高熱の自分が運転する方が安全らしい。
私もそう思うけど・・・
翌日には熱も下がり、無事に帰宅。
結局、家族全員風邪ひいた八月。
体調管理、しっかりしないとなぁ


お留守番のいたち達

帰省中、かかりつけのムコ動物病院にお泊りしていたいたち達。
銀ちゃんの体調のこともあり、病院だと安心して預けられる。
旦那が迎えに行くと、主治医が「蓮ちゃんとパンちゃんが血まみれになりまして・・・」と話始めたらしい。
以前から銀ちゃんのおなかに暗赤色のできものがあって、できものが破れて溜まってた血液が出てきて、女子が血染めになってたそうな。
流血大惨事、自宅じゃなくてよかった・・・
ちなみに外伯中の三人、元気で問題なかったとのこと。
嘔吐で減ってた銀ちゃんの体重も元に戻り、「暴飲暴食してました」と主治医に言われるまでに。
人は体調崩してたけど、いたちは元気で何より。

やれやれ、盆休み終了~
でも次の週末、また愛媛へ。
結婚式に出席するために。
忙しいわ。

| | Comments (6)

June 21, 2008

二泊三日の沖縄旅行・三日目編

あっという間の最終日・三日目

遂に胃袋の限界がきたのか、朝食の席についても不機嫌なぼっちゃま。
食事はそこそこで遊び始める。
この日はテラス席に案内されたので、すぐ隣にはプールがあり、早くも泳ぎに来てる人がいた。
そんなプールサイドを歩き回るぼっちゃま。
先に食べ終わった母と妹に連れられて、見えない遠~~~くまで行ってしまった。
どうやら坂道を見つけて、そこを昇ったり降りたりしていた模様。
・・・出たな!昇降マニアめっ
私がいつも公園で付き合わされるヤツだbearing

食後は部屋で出発準備をしつつ、休憩しつつ、のんびりするつもりが私は何だかバタバタしてたsweat02

そして出発!

部屋を出たぼっちゃまは、フロントと反対方向へ歩き出す。
その先にあったモノとは・・・

掃除機

好きな家電ナンバーワンの掃除機を見つけてしまい、諦めさせるのに一苦労sweat01

無事にチェックアウトを済ませて、ホテルを後にする。

初日に行った許田道の駅でお土産を買って、その近くのビーチへyacht

出発前の天気予報は曇か雨だったので、ビーチに行く予定は入れてなかった。
ところがここまで全くの雨知らず。
最終日は日差しが出てきた。

せっかくなので、波打ち際に行ってみないと~ということで、ぼっちゃま初の波鑑賞。
ちょっとビビってたけど、それなりに楽しんだかなぁ。
日差しの強さにグッタリして、30分もいられんかったけどwobbly
この夏はいよいよ海水浴デビューだっ

そして高速で那覇空港へairplane

空港で昼食を摂るにあたり希望を聞くと、父が「ざるそばが食べたい」と。
沖縄料理はしっかり堪能したようで、もういらんかったらしいhappy02

食後は搭乗時間まで空港をウロウロ。
ここでぼっちゃま本領発揮。
好きな乗り物ナンバーワンのエスカレーターに向かって突進して行く。
旅行前までは、初めての場所は手を繋がないと歩けなかったのに、すっかり自信をつけたのかガンガン歩き回る。
困ったもんだ・・・よりによってエスカレーターに突っ込んで行くなんて。

Hiromichi_20080616_2「エスカレーターマニア」と命名





今までにないくらい走り回って、飛行機に乗り込む。
相当疲れたのか、離陸前に寝てしまい、帰りはラクだった。
だた抱っこしてる私は暑くてたまらんかったけど。

神戸空港に到着し、外に出た瞬間、「涼しい~~~」
真夏もこのくらいの気候でエエわ、と思った瞬間だった。

| | Comments (8)

June 19, 2008

二泊三日の沖縄旅行・二日目編

本題の前に・・・

初日、バーで上品に飲んだカクテルと泡盛の図

F1000135
F1000136








二日目

寝汗ダーダーになりながら、七時半過ぎにお目覚めぼっちゃま。
それまでは、こんな感じで寝てました。


Hiromichi_20080615_1口がひょっとこ





朝食はもちろん、食い放題ビュッフェ。
二日目も朝からガツンと満腹に。
ここではバスタをむさぼるように食べまくるぼっちゃま。
ますますメタボに拍車がかかる。

午前中は美ら海水族館pisces
入るとすぐに「海の生き物を手で触れてみよう」コーナーがあっておもしろかった。
特大ヒトデや特大ナマコが触れるとあって、大人も子どもも大はしゃぎ。
ぼっちゃまはヒトデをむにゅ~って指で押してみて、ビビって腰がひけてた。
私は、琉球大学に進学した高校の同級生宅に遊びに行って、海でナマコ投げをして暴れた記憶が蘇った。
十代のあの頃は若かった・・・

水族館は海洋博公園の中にあって、この公園内にはイルカ館やウミガメ館など色々な施設があったけれど、行かなかった。
だって、広すぎて無理sweat02
丸一日かけないと全部見れんぞ、この敷地面積。
行く予定がある方は、覚悟の上、足を踏み入れてください。

ちなみに、レンタカー屋で水族館の割引チケットを売ってたので買ったけれど、コンビニ他至る所で売ってる割引券。
許田道の駅は250円引きだったので、ここで買えばよかったと後悔bearing
(私は180円引きで購入)

昼食は旦那イチオシの沖縄そばの店へ。

Sokisoba





もちろんここでもガンガンそばを食べるぼっちゃま。
この子はそば中毒か???

この日、フルーツらんどにも行ってみようという計画もあったけれど急遽中止。
フルーツらんどに行く目的は、食べ放題のフルーツ
でも、前日から食べ放題生活なので、とても食べられないと判断。
ホテルのパンフレットに載ってた店にタコスを買いに行って(「それでも食べるモン買いに行くか」というツッコミはご遠慮ください)、この日の観光終了。

夕方はプールで遊ぼうと思ってたけれど、ぼっちゃまはかなり疲れていると思い、連れて行くのを止めた。
私と旦那二人で泳ぐ。
何のために?カロリー消費のために。
でも二年以上ぶりのプール。
ジム通いしてたころが懐かしくて、体力落ちたと実感shock
いつになったらジムに行けるのか・・・

夜も食べ放題な夕食を摂取。
さすがに大人は食べる勢いがなくなってきたけれど、ぼっちゃまは一人わんこそばのように沖縄そばを食べ、お店のおばちゃんに「おいしい?」と聞かれると、持ってた麺を「どうぞ」と差し出した。
これには皆爆笑。

こうして二日目も食べて食べて食べて終了・・・


| | Comments (6)

June 17, 2008

二泊三日の沖縄旅行・初日編

土曜日から沖縄へ行ってきた。

梅雨真っ只中の格安ツアー。人が少なくてちょうどいいやと思って決行。
今回、私の両親と妹に抱っこ隊として同行してもらう。
でも、実際に抱っこ隊になったのは父と母。
ぼっちゃまの取り合いで火花impactが散っていたcoldsweats01

一日目

我が家に集合し、実家の車で神戸空港へ。
駐車場ガラ空き、空港も閑散としており、快適note

機内でのぼっちゃま、機嫌よく遊び始める。
が、魔の正午前、空腹と眠気で絶叫開始。
着陸前に泣き続け、寝ている間に那覇到着。
さすが沖縄、暑いwobbly 
真夏の暑さを思い出させる熱気やわ・・・

レンタカーを手配し、予約していた店に向かう。
空港に近くて座敷がある店をネットで探してココにしたけど、福田総理や芸能人、芸人が数多く訪れる店らしくて店内には写真がたくさんあった。
ここでぼっちゃま、沖縄そばの魅力に目覚める。

食後は名護市内のホテルへ向かう。
ぼっちゃま、車内で爆睡sleepy
少し時間の余裕があるので、許田道の駅に寄って土産物を物色。
その後チェックイン。
部屋でミラクルハイテンションで遊ぶぼっちゃま。
興奮しすぎです・・・

夕食はホテル内の沖縄料理バイキング。
沖縄そば、そうめんチャンプルーなどの食べ過ぎでメタボになって少し困惑気味。

Hiromichi_20080614_1rev
炭水化物のお祭りだ~







22時まで遊んで就寝

その後、私と旦那はホテル内のバーへwine

二年以上ぶりのバーでのお酒。
今度は私がハイテンションup
飲み歩いてた頃が懐かしい~~~~happy02

0時くらいまで喋りまくり、初日終了。

| | Comments (9)