« 手術結果報告 | Main | 術後二日目 »

March 12, 2006

術後一日目

面会に行ってきました!

今朝の銀ちゃんは、ふやかしフードもきちんと食べて、体重測定の時にはカゴから脱走を試みるという元気を見せたそうです。
私たちのところへ連れてこられた途端に、妙におとなしい「良い子」になったようで、先生から「何でやねん?」って言われてました。
私達のいたち臭さが安心したのか?
飼い主として認めてくれているのか?
穏やかな顔で抱っこされてくれました。

Nec_0227

Nec_0226







先生からの話

術中の開腹した写真を見せてもらい、皮下脂肪が厚かったので摘出が難しかったことを説明してくれました。
おそらく少し取り残しているだろう、と。
レーザーで焼いてるので、副腎の細胞は死滅していると思われるが、仮に残っていた場合の問題点は、
①何年かして同じような症状が再発するかもしれない(副腎細胞は再生能力があるそうです)
②病理組織検査の結果、もし悪性の腫瘍類であれば、転移の恐れがある
ということ。

病理検査はこれからなので何ともいえませんが、ひとまず安心と言えそうです。

「すごく大きかった」と言われた銀ちゃんの副腎。
小指の爪くらいかな?と想像してたら、その半分くらいの大きさでした。
こんなにちっちゃいのに、この子の体には大きすぎる臓器。
改めてフェレットの繊細さを思い知らされた一日でした。

あと、「副腎疾患=脱毛」と考えてた私ですが、銀ちゃんのように「肥満」という症状を示すだけのタイプもあるそうです。
それは副腎が分泌している様々なホルモンの中の、どれが過剰になってしまうかで症状が変わってくるらしく、銀ちゃんの場合は糖質コルチコイドというステロイドホルモンが過剰になって肥満に繋がっているとのこと。
今は点滴で、水分と手術によって全く分泌されなくなったホルモンを補充する治療が行なわれています。
元気に見えても、急激なホルモンバランスの変化によって何が起こるかわかりません。
退院は水曜日の予定です。
それまでは病院でお世話になります。

|

« 手術結果報告 | Main | 術後二日目 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

初めて足跡残しますm(_ _)m
うちでもいたち飼ってます。
去年亡くなった子がいるのですがその子が数年前同じく副腎の手術受けました。うちの場合、原因がはっきりしないので「開けてすっきりさせてください」と...。グジグジ悩んでるよりやっちまえ的な考えの飼い主なんで(汗)
結果は副腎腺種でした。
腫瘍とは言え良性の子が多いという話です...結果がいいといいですね。
※なくなった原因は副腎の再発じゃなくてリンパ癌でした。

Posted by: ume-sato | March 13, 2006 at 09:36 AM

>ume-satoさん

先生に言われました。
悪性のものや「副腎線種」かどうか調べると。
副腎線種って初めて聞く病名だったのですが、やはり癌のようなものなのでしょうか?
病理結果が問題ないことを祈るのみです・・・

Posted by: ゆきもち | March 13, 2006 at 04:53 PM

もう一回書き込み(連続ですみません)
腺種の場合は悪性じゃないです。
副腎疾患って種類は3種類に分かれてて副腎腺癌/副腎(皮質)腺腫/副腎過形成(過誤腫)1個目の腺癌のみが悪性とされてます。
腺種や過形成でもホルモンバランスが崩れて毛が抜けたりお股が腫れたりしますけどすっきり取ってもらうORリューブリン注射(毎月/結構お高い&治るわけではない)で症状が改善されました。
結果って1週間から10日くらいで出るんでしたっけ?
亡くなっちゃったうちの子の御骨に今夜お祈りしておきますね~。

Posted by: ume-sato | March 13, 2006 at 06:00 PM

>ume-satoさん

副腎疾患の分類、初めて知りました。
勉強不足だわ・・・
ありがとうございます。

Posted by: ゆきもち | March 14, 2006 at 01:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90562/9055913

Listed below are links to weblogs that reference 術後一日目:

« 手術結果報告 | Main | 術後二日目 »