« February 2006 | Main | April 2006 »

March 30, 2006

またまた購入♪

阪神で、また買ってきました。熊本商品。
今回は「からし蓮根を買ってこい」との指令。
毎日梅田に出てるねんから、自分で買いに行けば?なんて思ったりしたことは、ココだけの話ということに・・・
私もたまにはこういうとこで買い物をして、アッパーミドル(*)の気分を味わいたいので。

*詳しくはこちらをどうぞ。読めば今の政治に怒りを覚えます。
       ↓





Nec_0238

Nec_0239

Nec_0240







天草大王の唐揚げ&手羽餃子・いきなりだご・からし蓮根

どれもおいしかったですv( ̄∇ ̄)v

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 29, 2006

やっと・・・

ココログの調子が悪くて、なかなかアップ出来ませんでした。

火曜日に歯医者に行き、宣言してきました。

もう、抜いてください

このまま薬で炎症を抑えても、また再発するのは目に見えてること。
なんてったって、歯茎が一部、紫色に変色してますからっ
恐ろしいことになってます。
そんな状況を凝視できる自分もコワイ・・・

そして抜いた後は、部分入れ歯orブリッジorインプラント。

私の骨格上、インプラントは難しいそうです。
上顎の骨が薄いらしくて・・・
エラはこんなに張ってるのに、なんで上は薄いねん(-_-;)
ブリッジは、両隣の歯を削らないといけない。
これ以上、削る歯を増やしたくない。
ほな、入れ歯。
はい、入れ歯デビュー間もなくです!
数ヵ月後には、ステキな入れ歯ライフが待ってます。
ポリデントかパーシャルデントか、どっちが良いか、新たなる試みも楽しめます。
個人的に小林製薬のネーミングが好きなので、やっぱパーシャルデントかなぁ?なんて考えてます。
と、楽しそうに語らないと、悲壮感に潰されそうになります。

8020運動から脱落しないように、今後は気をつけたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2006

ドー娘。

モーニング娘。は「モー娘。」
カーリングチームは「カー娘」

ならば我が家のドーピング娘。(パン)は「ドー娘。」

Nec_0234  なによ?






今月初旬、銀河の手術前に、一斉入浴した我が家のフェレズ。
銀ちゃんと蓮ちゃんを先に入れて、さぁパンの出番!初めてのお風呂ですよ~と思い浴室に連れて行こうとすると・・・

二人のシャンプーの匂いにビビったのか。何かしら身の危険を感じたのか、尻尾を大爆発させて逃走。
そしてテレビとケージの間に篭城。

Nec_0231






何とこの状態で一時間も経過・・・
はよ出て来いや~って待ってたら、私が昼寝してましたよ。

何にビビってたんか・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 26, 2006

そのポイントは何処へ・・・

毎日、大してすることもないのに、時間が足りなくなってしまう原因・・・
それは、ネットポイントの呪縛。
クリックしてポイント貯めてプレゼントゲット!にどっぷりハマってしまい、すっかり「クリック依存症」

この単調な作業が止められない。
ひたすらポチポチ押しまくる。
足元でバトルが繰り広げられようが、フードをリビング中に撒き散らかされようが、構わない。

それで貯まったポイント。
未だに使ってなくて、そろそろ使わないと意味が無いような・・・

何と交換してもらいましょうか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2006

歯医者でフェレット?

今日も歯医者へ・・・

待合室で待っていると、担当のKさん(歯科衛生士さん)が、「大変だったみたいですね~」と声をかけてくれました。
「そうなんですよ~。今は元気になってくれたんですけど・・・」と話しながら診察室へ。

そう、「私の歯」じゃなくて銀河の話。

Kさんはフェレット飼育歴がかなり長い方。(多分五年は超えてると思う)
いつもいたち話で盛り上がる私たち。
昨日は受付の人に、「Kさんに、ウチの子こないだ手術したんですって言うといて下さい」と伝えて帰ったので、今日はすぐに声をかけに来てくれました。
ここのスタッフの方は、私とKさんが「いたち溺愛サークル」の会員であることを知ってるので、こういう情報はすぐに伝えてくれます。

で、何だかんだと話をして、今回の私の歯の炎症は、「心配しすぎて免疫力が落ちて、急に悪化した」という結論に達しました。(Y医師公認済み・無理矢理ですが)

なので、フェレ看病中の皆さん、御自身の体調にも気を付けてくださいね~


そして帰りに阪神百貨店で開催されてる熊本物産展に行ってきました。
旦那に、「天草大王コロコロ焼き」を買ってくるよう命じられたので。どうやら電車の中吊り広告を見ながら、毎日食べたい衝動にかられてたらしい・・・

Nec_0236 モンブランシフォンケーキ






Nec_0235  デコポンロールケーキ





買いすぎ??
もちろん、コロコロ焼きも買いましたよ~

次回受診は来週火曜日。
物産展は水曜まで開催。
次は何買おうか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2006

緊急事態発生!

歯が痛い・・・llllll(-_-;)llllll

銀が回復し、コレで安心だ~と思った数日前からうずいてた右上の歯。
昨日の仕事中、突然激痛に。

仕事帰り、痛みに耐えて、ものっすごい形相で買い物していたのか、チラシ配りのおねーさんも、浄水器の水を試飲してくださ~いって言うてるお兄さんも、誰一人として私に近づかない。

そして今日、歯医者に行ってきました。
「余命幾許も無いと言われてた歯が遂に激痛を発しました」と伝え待機。
とうとうこの歯も抜歯の運命か・・・と思ってたら、ひとまず対症療法を、とのこと。

Y医師に「今から洗浄しますので、痛かったら左手上げてくださいね~」と言われた数秒後、けっこうな痛みが発生。

すぐに左手を上げる。

でも無視される。

なんで??と思って目を開けたら、先生も助手さんも洗浄に必死で私の手なんか見てない。

あの~痛いんですけど・・・と思いながら結局我慢するハメに。

こんな時のアピールはどうすれば良いのか?

左手をもっと頭側に上げて、パンチを食らわせれば良いのか?

いずれにせよ、「歯医者で痛いと訴えてもそのまま治療は続けられてしまう」という悲しい現実があることを、思い知った一日でした。

明日も洗浄されに行ってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2006

極秘プロジェクト始動

本日五日目です。

親戚からもらった「ぬか」を利用して、ぬか漬けにチャレンジ。
ぬか床作ってから五日目。

作りはじめをどうすればいいのかわからず、ネットで調べまくり、職場の人に聞いて、始めてみたものの・・・

エエんか?コレでエエんか?

っちゅー状態です。

現在見た目は「そぼろ状」

水分が足りないような気がするけど、捨て野菜が足りないのか、単に水分不足なのか??

初回なので失敗覚悟ですが、どうなることやら・・・


ぬか床セットって安く販売されてるんですね~
    ↓
ぬか床セット  ぬか床セット

テレビ回想法懐かしい話  1.ぬかみそ漬けの巻-VHS  テレビ回想法懐かしい話  1.ぬかみそ漬けの巻-VHS

村上つけもの工房  村上つけもの工房

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 20, 2006

サプリの効果は・・・

フェレットワン フェレットワン

すっかり報告が遅れました。

闘病日記に必死でした。

先日購入したフェレットワンの効果は如何に・・・

結論:毛艶は良くなります!

蓮華の乾燥毛が、しっとりツヤツヤに。
以前はパサパサで広がってたのですが、しっとりとまとまって更に痩せて見えてます。
ちょっと病的なビジュアルになってるような気もするのですが、本人はいたって元気なのでよしとしましょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 18, 2006

再診日

というわけで、術後の再診に行ってきました。
抜糸のために・・・

ついでに、それとペットドックでアヤシイ影があった蓮華のレントゲンの再確認。
私の中では、蓮華の呼吸状態が正常そのものなので、今日のレントゲンで何もないはず!と妙な自信がありました。なので単なるお出かけ気分でした。

私が仕事から帰宅した午後より、活動開始。

まずは週末恒例、ケージとトイレの掃除。
コレで皆のテンションを上げる。(人間のテンションは下がる)
そしてキャリーを準備。
コレでお出かけ気分が最高潮になった彼らは、何も言うてないのに早々にキャリーに入って準備完了。
最後は一人で妙に興奮して飛び跳ねている、ドーピング疑惑いたち(=パン)をケージに戻す。
ここで、「何で私だけ留守番??」って顔をしているけれど、「もうすぐ一歳なんだから、一人でお留守番の練習をしないとダメ!」と言い聞かせ、自宅を出発。

体重測定をして、退院後の様子を話しながら、やはり術後一ヶ月は食欲にムラがあることを先生から説明されました。それから組織検査の結果は、悪性の所見なし!よかったよかった。
そしておもむろにハサミを取り出した先生が、目の前でプッチン、プッチンと銀ちゃんの創部の抜糸を始め・・・
あらら、ココでするんかいな~と思った瞬間、こういうのが苦手な旦那は蓮華に泣きついてました。
それから蓮華のレントゲンを撮るために、一旦待合室へ。

再び診察室。
蓮華のレントゲン、結論からいうと何も心配ないとのこと。
原因もわからないけど、病的なものでもない。
過去に風邪をひいたフェレは、影があるそうですが、蓮華は風邪ひいたことないし・・・
様子観察ということになりました。

最後に、今年で4歳になるこの子達の、今後の健康診断について。
半年毎に診察を受けるということで話がついて、とりあえず一ヵ月後、銀ちゃんの体重テェックと念のための蓮華のレントゲン撮影で受診することになりました。
そして先生が帰り際、「では一ヵ月後に、お二人連れて来てください。何ならパンちゃんも付き添いでどうぞ」と。

先生、それすると邪魔で仕方ないと思います!

治療費

今回の銀河の治療費について、皆様への参考になればと思い書き記しておきたいと思います。

3/11~3/15:4泊入院分
再診料        500円
レントゲン      5000円
血管カテーテル  2500円
ガス麻酔      8000円
副腎摘出術    35000円
組織検査      9000円
注射薬       6400円(1600円×4日)
皮下注射技術料 6400円(1600円×4日)
輸液        7200円(2400円×4日)
入院料       8000円(2000円×4日)
内服(退院後分) 1360円(4日分)
    合計   88160円
税込み92568円を退院時支払

3/18:術後再診分
再診料  500円
全抜糸  800円
合計   1300円
税込み1365円

♪病院でも、VISAが使えます♪だったので、JCBカードで支払いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2006

一緒が一番

Nec_0233






銀ちゃん療養用に準備した別宅。
どうもお気に召さないようで・・・
軽く遊んだ後は、必ず本宅に帰ってしまいます。
今朝なんて強烈出せ出せアピール。
怪力銀河にケージを破壊されるかと思いました。

なので好きにさせてやると、ご覧の通り、一緒が一番。
左から銀河・(顔が潰されてる)蓮華・パン

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 16, 2006

祝・退院☆

遅ればせながら…
昨日、無事に退院しました!
朝から出せ出せアピール満載だったらしい銀ちゃん。先生からは「ケージ壊されるかと思いました」と言われ、安心して帰宅。

でも、疲れが出たのか、まだ調子が上がらないのか、食欲がなく寝てばかり。
食べさせたらシャクシャク食べてるものの、自分からすすんで食べようとしません。
膝の上で寝てしまうなんて考えられなかったのに、しっかり寝ちゃってます。

完全復活には、まだ時間がかかりそうです。nec_0232.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 14, 2006

術後三日目

明日、退院です。

三日目にもなると、入院生活にすっかり慣れた様子でした。
くつろぎまくりの銀ちゃん。
今朝から点滴を止めて、夕方まで食欲をみて、しっかり食べてたらカテーテル抜去だそうです。

いよいよ帰宅!って思うと、妙に興奮して眠れない〜nec_0229.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 13, 2006

術後二日目

Nec_0228 皆さん、アリガトウ







銀ぼてちんと私達への温かいメッセージ、ありがとうございます。

今日も張り切って面会に行ってきました。

特に大きな変わりはない、とのことです。

今日はまだ、ふやかしフードですが、しっかり食べてくれてるようです。
この調子だと、予定通り退院できそう。
う@ちが下痢ピーなのが気になりますが、カリカリフードになったら戻るかな?
おケツにカピカピう@こを付けちゃってる銀ちゃんが、これまたカワイイです。
もう今までに無い親バカぶりを全開させてます。


ここで、面会時の小話を・・・

点滴中なので、面会時間は10分程なのですが、その間に色々話し掛けてた私達。
昨日は先生が迎えに来てくださったので、よろしくお願いしますって託した途端、

「フンッ!」

ただの鼻息なのか、溜息なのか??
ケッ!家に帰れるんとちゃうんか?と言わんばかりの銀ちゃん。
先生も「何やその溜息は~?」と笑ってました。

そして今日、迎えにきてくれたのは若い看護師さん。
昨日と同じように、お願いしますって託すと、ご満悦の表情で入院室へ戻っていった銀ちゃん。

やはり彼はオッサンだった。

若いおねーちゃんが好きらしい・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 12, 2006

術後一日目

面会に行ってきました!

今朝の銀ちゃんは、ふやかしフードもきちんと食べて、体重測定の時にはカゴから脱走を試みるという元気を見せたそうです。
私たちのところへ連れてこられた途端に、妙におとなしい「良い子」になったようで、先生から「何でやねん?」って言われてました。
私達のいたち臭さが安心したのか?
飼い主として認めてくれているのか?
穏やかな顔で抱っこされてくれました。

Nec_0227

Nec_0226







先生からの話

術中の開腹した写真を見せてもらい、皮下脂肪が厚かったので摘出が難しかったことを説明してくれました。
おそらく少し取り残しているだろう、と。
レーザーで焼いてるので、副腎の細胞は死滅していると思われるが、仮に残っていた場合の問題点は、
①何年かして同じような症状が再発するかもしれない(副腎細胞は再生能力があるそうです)
②病理組織検査の結果、もし悪性の腫瘍類であれば、転移の恐れがある
ということ。

病理検査はこれからなので何ともいえませんが、ひとまず安心と言えそうです。

「すごく大きかった」と言われた銀ちゃんの副腎。
小指の爪くらいかな?と想像してたら、その半分くらいの大きさでした。
こんなにちっちゃいのに、この子の体には大きすぎる臓器。
改めてフェレットの繊細さを思い知らされた一日でした。

あと、「副腎疾患=脱毛」と考えてた私ですが、銀ちゃんのように「肥満」という症状を示すだけのタイプもあるそうです。
それは副腎が分泌している様々なホルモンの中の、どれが過剰になってしまうかで症状が変わってくるらしく、銀ちゃんの場合は糖質コルチコイドというステロイドホルモンが過剰になって肥満に繋がっているとのこと。
今は点滴で、水分と手術によって全く分泌されなくなったホルモンを補充する治療が行なわれています。
元気に見えても、急激なホルモンバランスの変化によって何が起こるかわかりません。
退院は水曜日の予定です。
それまでは病院でお世話になります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

手術結果報告

診察受付が終わる19時に、銀ちゃんを病院に連れて行き入院になりました。
先生から簡単な説明があり(日曜日や先日の電話で詳しい話をして頂いてたので)、同意書にサインして帰宅。

22時、「今、手術に入りました」との電話連絡を受けて、それからは何とか気持ちを紛らわせようとテレビを見たりしてたけど落ち着かず・・・

一時間位の予定と聞いていたので、麻酔かけたり術後の覚醒待ってたりの時間を入れたら、日付が変わる頃かなぁと考えてました。

そして0時すぎに、先生からの電話。

無事に終わりました

銀ちゃんはこのとき既に、麻酔から覚めて動き回っているとのこと。

実はペットドックの時のレントゲンで、胃か十二指腸付近に丸い変な影が見つかって、「誤飲でもなさそうだし、もしかしたら摘出しないといけないモノかもしれない」と言われていました。
今日のレントゲンでは、その影が消失しており、何も異常は見つからなかったようです。
副腎以外には特に問題がなかったと言われ、ひと安心。

でも、予想以上に皮下脂肪が多く、全摘予定だったけれど取り残した可能性が高いそうです。
明日、詳しい説明を受けることになりました。

銀ちゃん、よく頑張ったね。
明日の面会が待ち遠しいです。


先日(9日)、よみうりテレビ・ニューススクランブルの「クローズアップNEWS」で、ペット医療最前線という特集が放送されました。
ネットでも動画で見ることができます。
是非どうぞ。

ペット医療最前線

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2006

今夜、手術です

今日の夜、手術です。午後から絶飲食です。

以前(パンをお迎えする前)に使っていたケージを久しぶりに出してきました。
ココで退院後はゆっくり過ごしてもらおうと思っています。
女子と一緒にしたら、容赦無いパンが銀ちゃんをズカズカ踏みつけるのは確実。
療養なんてできたもんじゃない・・・

で、少しでも慣れてもらおうと中に入ってもらうと・・・
落ち着かないのか、全く寝る様子がない。
余計な体力の消耗は避けたいのに、ずっと起きてる銀ちゃん。
仕方ないので、元のケージに戻して、皆一緒に絶飲食。


銀ちゃんゴメン。ほんまにゴメン。

Nec_0225  お水もゴハンもないよ・・・ おなかすいた・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 10, 2006

今年華麗なるデビュー

私、●×歳で「花粉症デビュー」しました。
ウワサ通り、突然やってきました。
ほんっとうに、突然。

7日から、くしゃみ・鼻水・涙の嵐。

8日、「風邪ひいた!コレは無理をしてはいけない!」と自分に言い聞かせ、出勤。
そして職場の仲間に笑われる。
花粉症と認めた上で、きちんと薬を飲みなさい!と言われ・・・
ちなみに今の職場は眼科クリニック。
真っ赤になった私の目を見て、診察を我慢できなかった(?)院長が、患者さんが待っているのに私から診察してくれた。
それほど強烈な状態でした。
すぐにその場で点眼・点鼻薬使用。
30分くらいして、くしゃみ消失、目の痛み軽減。

9日、薬を飲んで、昨日からは気分スッキリ。

10日、「風邪、治りました!」って言うても誰も聞いてくれませんでした・・・


真っ赤な目をした私が、「今日は○○の目薬が出てますので、一日3回使うようにしてくださいね~。お大事に~」って言うても説得力なし。
アンタがどないしてん??って顔で、皆さん私の顔を凝視されてましたわ。
そんな視線を気にせず突っ走った一日でした。

でも私の花粉症はどうでもいい話。
頭の中は銀ちゃんの手術のことでいっぱいいっぱい。
いよいよ明日。
「銀ちゃん、皆と一緒に寝るの、しばらくおあずけになるよ~」って声をかけたら、キュウ~ン!って返事した。
そしてまた涙・・・(花粉症ではありません)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2006

手術日が決まりました

今週の土曜日、11日に、銀ちゃんの手術が行なわれることになりました。

いざ決定となると、言いようのない不安と恐怖に襲われます。
何も知らない銀ちゃんは、いつもと同じようにトコトコ歩いて私の後ろをついてきます。
「おやつ頂戴よ~」って私の顔を見上げてます。
こんな無抵抗な子に手術なんて・・・

自分が鬼になったような気分です。
この選択が正しいのか、そうでないのかは、今は誰にもわからない。
ただ、元気になれる可能性が高いほうに「賭けた」だけ。

昨夜、担当の先生と電話で話をして安心できてたのに、今日また不安でたまりません。

でも、この病院に通院してる五歳以上のフェレで、「手術を受けていない子を探す方が難しい」と言われました。
それだけ多くの子の手術をされている先生なので、安心してお任せできるハズなのに。
心配病に罹ってしまってます・・・

Nec_0221 お迎え当日の銀ちゃん。ちっちゃくてかわいかったです☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2006

覚悟をきめました

銀河の手術をお願いすることにしました。

今日、国際フェレット協会に電話して、年齢と今の病状を話して相談したところ、手術しておくのが良いでしょうとの返答を頂いたので、決めました。

病院に正式に申し込みの電話をしたところ、担当の先生が不在だったので、明日詳しい話をすることになりました。
早ければ今週の土日に手術になりそうです。

放牧しても、あまり遊ばずにケージに帰ってしまう銀ちゃん。
やっぱり皮下脂肪が増えて、体がしんどいのかなぁ?
前は鈴のおもちゃに向かってジャンプして遊ぶのが大好きだったのに、今日は跳んでくれませんでした。
あ~しんど・・・って感じで帰ってしまいました。
その後に、キューン!ってすごい寝言・・・
自分の身に何かが起こる事に、気付いているのでしょうか?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 05, 2006

診断結果

恐れていた事が、遂に起こってしまいました。

ペットドックの結果、蓮華と銀河に異常が見つかりました。

蓮華は、朝の診察時に「胸の音が悪い」と指摘され、レントゲンの結果、右下葉に無気肺を起こしていました。
血液検査には異常がないので、経過観察し二週間後に再検査になりました。
ヒトだったら呼吸リハとかビソルボン投与とか対処方法があるのに、この子にはないのか・・・と無力感でいっぱいです。
元気いっぱいで目立った呼吸器疾患の症状がないので、自然治癒を願うばかりです。

銀河は、ここ数ヶ月、下腹部のぼってり感が気にはなっていたのですが、もともと巨体の子だったので体質かな?と思っていました。
若干の体重増加ですが、副腎疾患の影響が否定できないと言われ、気になりながらもお迎えの3時まで過ごしていました。
エコーの結果、左副腎が6mm以上の大きさになっていると思われる、と・・・
この病院では、3.6mm以上は摘出手術適応と判断されているそうです。
現時点では、症状として皮下脂肪の増加と排尿困難があるかな?ということのみ。
なので先生も、「手術を強く勧めるつもりはありません。ただ、今は十分な体力があるし、今後の生活を考えると摘出した方が良い」と。

副腎疾患はフェレットの宿命と言われています。
でも、そんな「宿命」をつくったのは、飼いやすいように去勢手術をしているヒトなんですよね・・・
私達が背負わせてしまったこの子の宿命を、一番苦痛が少ない方法で除去してやる義務があると思いました。

手術した場合、しなかった場合、その後考えられる身体症状など詳しく説明して頂き、旦那と話し合い、手術を受ける方向で検討することにしました。
これからも快適な毎日を過ごしてもらうために、今できることを目一杯してあげたい。
できれば体にメスを入れることは避けたい。
でも先延ばしにする事でそれ以上の苦痛が生じるなら、そんな辛い思いはさせたくない。

明日、手術の申し込みの電話をしようと思っています。
迷いはあります。
でも先生を信じて、お任せしようと思っています。


ちなみに・・・

パンですが、生後10ヶ月。
血液・レントゲン・便検査、全て異常なしのパーフェクト。
(去年は蓮華と銀河も満点だったのに・・・)
で、採血時「今まで見たことない」程の暴れっぷりだったようです。
「史上最強」の称号を頂いてきました。
そして後ろ足二本とも、暴れ倒したため青アザ作って帰ってきました。
やはりタダモノではなさそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2006

今夜から絶飲絶食!

いよいよ明日、ペットドック

蓮華と銀河は二回目、パンは初めて。

問診・身体一般検査・血液検査・胸腹部レントゲン・便検査で一万円。

年に一度の健康診断として、重宝してます。

今年で蓮華と銀河は4歳なので、半年毎に診てもらうようにします。

いつまでも健康で、元気に過ごしてちょうだいね。


ハンドメイド フェレットオルゴール・スノー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »