« 懸賞当選報告♪ | Main | ちょいワル親父・フェレット版 »

November 25, 2005

動物虐待を考える

今日の激テレ★金曜日、ペット虐待ハラスメントがテーマに取り上げられていました。

ゲストは野村先生。
そう、あの「フェレットといえば野村先生」の野村先生。

先生が実際に体験したペット虐待例が紹介され、見てて辛かった・・・
でも、ペットを飼っている者として、この現実に目を背けてはいけないと思った。
高市議員が、動物保護の条例が定められていると言ってたけれど、野村先生は、「食べ物でない、心を満たすための動物を、国が手厚く保護するわけがない」と・・・
冷たく聞こえるかもしれないこの言葉、でもそれが現実。
結局は、命をどう考えるのか、ヒトのモラルの問題になってしまうのかなぁ

毎日のように報道される殺人事件。
人が人を殺めることが、珍しくない日常になってしまっている今の世の中。
この先、どうなってしまうのか不安です。

Nec_0118









ところで野村先生、「得意分野は’フェレットの右副腎腫瘍摘出術’です」と言われてました。
宮根さん、我が家で初めてフェレットを知ったこと、蓮華と銀河を抱っこしたこと、思い出してくれたかな

Nec_0141 半年前の記念撮影♪

|

« 懸賞当選報告♪ | Main | ちょいワル親父・フェレット版 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

み…右かよ!
なんて頼もしい先生なんでしょう…w
イタチ日記ではあまり触れませんが、
コラムの方で、たまにこういった問題に触れる機会があります。
やっぱりいつまでたっても頭から離れない問題ですよね…
どうか当たり前のように、
みんなが命について、悩んでくれる日がきますように。

Posted by: ろっこ | November 26, 2005 at 11:55 AM

右って難しいんですか??
フェレの体のこと、何もわかってない
自分に反省し、動物看護師になろうかと
真剣に考える私です・・・

Posted by: ゆきもち | December 01, 2005 at 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90562/7318779

Listed below are links to weblogs that reference 動物虐待を考える:

» 怒りと悲しみ。 [豚㌦]
今朝ゴミ出しついでに近くの自動販売機まで飲み物を買いに行った。 寒いけど朝は散歩中のワンコも沢山いて清々しい(*´∀`*) 自動販売機までは住宅街をちょこっと歩くん(5軒くらい)だけど、ある家の前に貼り紙がしてあった。 なんだろう? オイラは立ち止まって貼り紙を読んでみた。 その貼り紙には写真が2枚貼ってあった。 内容は… 「猫が虐待されました。人懐っこい猫(雑種)です。獣医さんによれ�... [Read More]

Tracked on December 07, 2005 at 08:05 AM

« 懸賞当選報告♪ | Main | ちょいワル親父・フェレット版 »